三井住友VISAヤングゴールドカード20sの付帯保険

プライムゴールドという優秀なカードがあることで、人気が押され気味な三井住友VISAヤングゴールドカード20sですが、比較的入会しやすいヤングゴールドということ、付帯保険も充実している点など、見落としがちなメリットがあるカードでもあります。ここでは、その付帯保険の内容について整理しておきたいと思います。

 

三井住友VISAヤングゴールドカード20sの海外旅行保険

三井住友VISAヤングゴールドカード20sの海外旅行保険は家族特約まで備わった手厚い補償を提供しています。死亡・後遺障害は最高で3,000万円まで補償され(利用付帯)、自動付帯分としては500万円まで補償されます。その他では傷害・疾病治療補償は100万円まで、賠償責任が4,000万円、救援者費用が150万円、携行品損害は25万円です。あえて欲を言えば治療補償が200万円ぐらいあると言うことはありませんが、20代のユーザーのカード保険ですから、これはこれで十分でしょう。

 

家族特約はなくても良いぐらいですが、20代で世帯を持つことを想定して奥様の補償をカバーするものとして利用出来るでしょう。死亡補償は500万円、治療補償は50万円、賠償責任が2,000万円、救援者費用は100万円、携行品損害が15万円といった内容です。

 

三井住友VISAヤングゴールドカード20sの国内旅行保険

国内旅行保険も海外と同様、最高3,000万円、自動付帯で500万円の死亡・後遺障害補償が付いています。定額給付などはありませんが、ヤングゴールドの旅行保険としては、標準以上の補償レベルにまとまっています。

 

ほかにもショッピング保険が200万円、商品購入より90日間のものが補償されます。それとヤングゴールドということもあり、三井住友VISAヤングゴールドカード20sにはスポーツ賠償責任保険がついています。スポーツでの事故によって対人・対物損害を与えてしまった場合、一事故につき50万円まで補償されます。

 

年会費 \3,150(初年度半額)
審査 満20歳以上30歳未満で、ご本人に安定継続収入のある方
基本ポイント 1,000円=1ポイント
ポイントプログラム 100ポイント=1000マイル
海外旅行保険 最高3,000万円
国内旅行保険 最高3,000万円
ショッピング保険 年間200万円
空港ラウンジ 利用不可
ETCカード 年会費無料
詳細・申込 【公式サイト】三井住友VISAヤングゴールドカード20s

 

三井住友VISAヤングゴールドカード20sの付帯保険関連エントリー