ヤングゴールドカード20sの基本仕様とプライムゴールドとの違い

三井住友VISAヤングゴールドカード20sは三井住友VISAカードのヤングゴールドカードです。同じ20代限定のゴールドカードとして同社には、三井住友VISAプライムゴールドカードがありますので、どちらを選んだら良いのかと迷う向きもあるでしょう。ここではそうした視点も含めて三井住友VISAヤングゴールドカード20sの基本スペックを確認していきたいと思います。

 

利用可能額は一般カードと同等レベル

三井住友VISAヤングゴールドカード20sは安定した収入が見込める30歳未満の方が申込めるゴールドカードです。年会費は3,150円ですが、オンライン入会で初年度は1,575円になるほか、マイ・ペイすリボに登録して、利用明細の確認をウェブ明細のみに切り替えると、年会費は1,050円にまで下がります。

 

利用可能額は最大で100万円までで、プライムゴールドが200万円であることと比べると、ヤングゴールドカード20sはやはりヤングゴールドなのだということが分かります。

 

家族カードはゴールドラインナップ共通で、2人目から年会費1,050円となります(ETCや電子マネーはすべて無料発行)。

 

ゴールドカードへのスムーズなステップアップのために入会を検討する価値アリ!

三井住友VISAヤングゴールドカード20sはゴールドカードではありますが、ボーナスポイントはゴールドカード優遇が該当せず、クラシックカードと同じ扱いになります。同じ20代限定のプライムゴールドが、ゴールドカード優遇でボーナスポイントが貰えることと比較すると、ゴ三井住友VISAヤングゴールドカード20sがゴールドではあっても、一般のゴールドカードとは違うということを感じてしまいます。

 

三井住友VISAヤングゴールドカード20sは付帯保険こそ充実したものになっていますが、プライムゴールドでは利用できる空港ラウンジサービスがついていません。この点を残念に思う方も多いかも知れませんが、20代で三井住友VISAヤングゴールドカード20sに入会できれば、30歳を超えて最初にカード切り替え時には、三井住友VISAゴールドにランクアップ入会できます。比較的らくにVISAゴールドへのステップアップできるという点でも十分入会を検討するに値するカードではないでしょうか。

 

年会費 \3,150(初年度半額)
審査 満20歳以上30歳未満で、ご本人に安定継続収入のある方
基本ポイント 1,000円=1ポイント
ポイントプログラム 100ポイント=1000マイル
海外旅行保険 最高3,000万円
国内旅行保険 最高3,000万円
ショッピング保険 年間200万円
空港ラウンジ 利用不可
ETCカード 年会費無料
詳細・申込 【公式サイト】三井住友VISAヤングゴールドカード20s

 

ヤングゴールドカード20sの基本仕様とプライムゴールドとの違い関連エントリー