WAONとPiTaPa

三井住友VISAカードはiD、WAON、PiTaPaと3種類の電子マネーを発行できます。iDに関しては【ポイント】の項でも触れていますので、ここではWAONとPiTaPaについて見ておきましょう。

 

三井住友VISAカードとWAON

WAONはイオングループの他、ファミリーマート、マクドナルド、吉野家などでポイントが貯まる電子マネーで(200円で1WAONポイント)、三井住友VISAカードの会員になるとWAONの分離型カードを無料で発行することができます。発行したWAONのリンクカードにはお手持ちの三井住友VISAカードが設定されます。WAONと三井住友VISAカードはオートチャージにして使うことが出来るので、残高を気にすることなくWAONを使うことができます。イオングループでよく買物をする方はWAONを発行して使ってみると良いでしょう。

 

ただし残念なのは、WAONへのチャージ分はワールドプレゼントのポイントがつかないことです。これは三井住友VISAカードだけに限らず他社のクレジットカードでもWAONチャージはカードのポイントがつきません(例外的にJALカードは、WAONへのチャージでJALマイルを貯めることができますが...)。そのためWAONポイントを貯めている方にはメリットがありますが、クレジットカードのポイントを貯めたい方はiDを利用することになります。

 

三井住友VISAカードとPiTaPa

PiTaPa(ピタパ)は、関西圏の私鉄・軌道・地下鉄・バス事業者が加盟する「スルッとKANSAI協議会」が導入した非接触型ICカードで、公共交通機関の乗車ICカードとしては世界初のポストペイ(後払い)方式のカードです。三井住友VISAカードではPiTaPaを無料で発行でき、お手持ちの三井住友VISAカードをPiTaPaのリンクカードとして使うことができます。

 

PiTaPaはが使える交通エリアは近畿エリア、岡山、広島方面に限定されます。ただしショッピングに関しては全国チェーン展開しているお店でも利用できます(ユニクロ、旭屋書店、紀伊国屋書店、Joshin、ヨドバシカメラ、ダイソー、洋服の青山など)。ただしショッピングで貯まったポイント(100円で1ポイント)は、500ポイント貯まると、交通利用代金から50円差し引かれるというかたちで還元されますので、やはり関西エリアのユーザーにとって便利でメリットのあるカードとなるでしょう。

 

残念なのはWAON同様、PiTaPaにチャージしてもクレジットカードのポイントがつかないことです。PiTaPaポイントを貯めるのでなければ、やはりiDを使ったほうが良くなってくるでしょう。

 

WAONとPiTaPa関連エントリー