カードの紛失・盗難時の対処法

クレジットカードを紛失したり、盗難されたと分かった場合はどのように対処すれば良いでしょうか。その手順をまとめておきたいと思います。

国内でクレジットカードをなくしたら

クレジットカードの紛失で最も多いのは財布ごとどこかに置き忘れてしまうというパターンではないでしょうか。中には一年に何回も財布をなくしてしまう方もいるようですが、自分で自覚のある方はカードだけ別に管理するという方法をとるべきかも知れませんね。 まずクレジットカードや財布を紛失してしまった場合は、真っ先にカード会社に連絡することです。カード会社の紛失・盗難窓口は24時間365日体制で対応しています。夜遅いから明日の朝イチで連絡しようなどと、悠長に構えていてはいけません。カード会社への連絡は何を置いても真っ先に行ってください。連絡が行った時点でなくしたカードは使えなくなりますが、不正使用を防ぐためにも必要なことです。カードの再発行は時間がかかり、再発行手数料も基本的にかかるものだと考えておきましょう。

海外でカードを紛失したら

なお海外でクレジットカードを紛失した場合は、現地の日本語サポートデスクに連絡を入れてカードをストップしてもらいます。また旅行中ですからカードがないと困る場合があるでしょうから、現地のサポートデスクで緊急カードを再発行してもらってください。クレジットカードによっては翌日には緊急カードが再発行されますし、手数料も無料で発行されるものもあります。 ただしこのカードはあくまで緊急用のカードですから、帰国後は正規のクレジットカードの再発行手続きを行なわなければなりません。 なお紛失・盗難の際は警察への届けも忘れず行ってください。警察へ届けて証明書を発行してもらわないとカードの盗難保険が効かないからです。自動車事故の場合も保険会社と警察への連絡は必須ですが、カードの盗難・紛失の場合もカード会社と警察への連絡・届出は忘れず実施してください。

カードの紛失・盗難時の対処法関連エントリー