ヤングゴールドの審査難易度

三井住友VISAカードには、

三井住友VISAヤングゴールドカード20s
三井住友VISAプライムゴールドカード

という2枚のヤングゴールドカードがあります。一般ゴールドカードに比べると審査基準は低くなると言われているこの2枚に関しては、どのような基準を目安に考えれば良いでしょうか。

 

ポイントは勤務先の安定度

三井住友VISAヤングゴールドカード20sの入会基準は「満20歳以上30歳未満で、本人に安定継続収入のある方」となっています。ヤングゴールドだとは言えゴールドと名がつくことから、必要以上に入会が難しいのではないかと考えてしまいがちですが、20代限定のクレジットカードですから、社会人としての長い経歴や高い年収を求められるカードではありません。勤務先さえしっかりしていればヤングゴールドカード20sの入会はそれほど難しいものではないと考えて良いのではないでしょう。
ただ注意したいのは「安定継続収入のある方」となっていますので、自営業・自由業の方は余程成功されている方でなければ入会は難しいでしょう。

 

年会費 \3,150(初年度半額)
審査 満20歳以上30歳未満で、ご本人に安定継続収入のある方
基本ポイント 1,000円=1ポイント
ポイントプログラム 100ポイント=1000マイル
海外旅行保険 最高3,000万円
国内旅行保険 最高3,000万円
ショッピング保険 年間200万円
空港ラウンジ 利用不可
ETCカード 年会費無料
詳細・申込 【公式サイト】三井住友VISAヤングゴールドカード20s

 

 

三井住友VISAプライムゴールドはヤングゴールド20sよりやや厳しい

三井住友VISAプライムゴールドカードの入会基準もヤングゴールド20sと同様に「満20歳以上30歳未満で、本人に安定継続収入のある方」となります。ただし、プライムゴールドはヤングゴールド20sと違ってゴールドカードカテゴリのカードであって、いわゆるヤングゴールドではありません。入会できるのは20代までということなので、堅調な経済的基盤は強く求められていませんが、審査難易度はヤングゴールド20sよりやや厳しくなると考えておいたほうが良いでしょう。
では何を見られるのかといえば、本人に稼ぐ力があるかということではなくやはり勤務先となるでしょう。20代限定で一般ゴールドカードと同等のカードを発行するわけですから、勤務先の安定度で本人の収入の継続安定度を推しはかるしかないのだとも言えます。

 

いずれにしても、一般ゴールドを取得するのであれば、これらの2枚のうち、どちらかに入会できていると大きなアドバテージになります。入会できる期間は限られているわけですから、20代の方は積極的に申込んでみてはいかがでしょうか。

 

年会費 \5,250(初年度無料)
審査 満20歳以上30歳未満で、ご本人に安定継続収入のある方
基本ポイント 1,000円=1ポイント
ポイントプログラム 100ポイント=1000マイル
海外旅行保険 最高5,000万円
国内旅行保険 最高5,000万円
ショッピング保険 年間300万円
空港ラウンジ 無料利用可
ETCカード 年会費無料
詳細・申込 【公式サイト】三井住友VISAプライムゴールドカード

 

ヤングゴールドの審査難易度関連エントリー