審査

クレジットカードの入会を考える際、どうしても気になってくるのがカードの審査難易度でしょう。

 

クレジットカードの申込みをするときは、たとえオンラインで入会申込みするにしても、それなりに落ち着ける時間を確保して必要事項を入力すると思います。せっかく時間をつくって申し込んだのに否決となってしまうのはとても勿体無い話です。

 

またクレジットカードの審査では、重複申込と言って、1ヶ月のうちに何度も入会申込みをすると審査上マイナスとなります。一度クレジットカードに申込んで審査に落ちた場合は、本来なら半年間は新規申込みをしないほうが良いので、できれば申し込んだ新規入会案件は可決させたいところです。

 

ここでは三井住友VISAカードの審査難易度を、カードグレードごとに見ていますので、特にはじめてクレジットカードに申込む方は参考にしていただければと思います。

 

クレジットカードの入会申込は、年収などは自己申告であって、一定額以上のキャッシングを申込むのでなければ、審査書類として収入証明書や源泉徴収票などを添付する必要はありません。ただし勤務先の情報や勤続年数情報などから、どのぐらいの収入がある方なのかということは、クレジットカード会社のほうである程度分かるようになっています。ですから申込時に入力した基本情報だけでも、クレジットカードを発行しても問題のない方かどうか、適切な審査を下せるようになっているのです。

 

ただしクレジットカード会社は、クレジットカードを発行することを前提に審査をするのであって、落とすために審査をしているわけではありません。このサイトで紹介しているクラシックカードなどの一般カードであれば、普通の収入が得られている方であれば問題なく審査をクリアできます。あまり神経質に考える必要はありませんが、カード入会審査に関する最低限の情報はおさえておきましょう。

 

審査エントリー一覧

クラシックカードの審査難易度
三井住友VISAカードの一般カード、クラシックカードの審査難易度とはどの程度のものになるでしょうか。若いうちに申し込んでおいたほうが審査を通過しやすい三井住友VISAクラシックカードの入会基準は、高校生以外の18歳以上の方ということですから、クレジット利用歴に問題がある方や、すでに多額の利用残高を抱えている方でなければ、ほぼ問題なく審査のほうは通過すると考えられるでしょう。ただし三井住友VISAカードは銀行系クレジットカードでもあり、信販系や流通系のクレジットカードに比べると審査の難易度は高いと...
ヤングゴールドの審査難易度
三井住友VISAカードには、三井住友VISAヤングゴールドカード20s三井住友VISAプライムゴールドカードという2枚のヤングゴールドカードがあります。一般ゴールドカードに比べると審査基準は低くなると言われているこの2枚に関しては、どのような基準を目安に考えれば良いでしょうか。ポイントは勤務先の安定度三井住友VISAヤングゴールドカード20sの入会基準は「満20歳以上30歳未満で、本人に安定継続収入のある方」となっています。ヤングゴールドだとは言えゴールドと名がつくことから、必要以上に入会が難し...
ゴールドカードの審査難易度
国内カード会社のゴールドカードの中でも高い人気と信頼を誇る三井住友VISAゴールドカードの審査難易度はどの程度なものなのでしょうか銀行系ゴールドカードだけあって安定収入の有無が重視される三井住友VISAゴールドカードの入会基準は「原則として、満30歳以上で、本人に安定継続収入のある方」となっています。一般的に言われているのは、三井住友VISAゴールドカードは新規入会審査がかなり厳しいということです。ただし非常に高い年収が求められているというわけではなく、年収では500万円以上、勤続年数では5年以...
プラチナカードに入会するには
実際に利用する方は限られてくるでしょうが、三井住友VISAカードの最高峰となるプラチナカードへの入会は、どのぐらいのレベルが求められるのでしょうか。三井住友VISAプラチナカードは入会審査基準が緩和された三井住友VISAプラチナカードは2000年の9月に発行がスタートした三井住友VISAカードの最高峰で、「年齢35歳以上、三井住友VISAゴールドカードを1年以上保有している方」のうち、三井住友カードからインビテーションを受けた会員だけが入会できる、インビテーション入会限定のプレミアムカードでした...