三井住友VISAプライムゴールドの基本仕様

三井住友VISAプライムゴールドカードは、20代限定のヤングゴールドカードとしては最高峰に位置するカードといえるでしょう。
まずはこのカードの基本スペックから確認していきたいと思います。

 

ゴールドの基本スペックをすべて受け継ぐ三井住友VISAプライムゴールド

まず三井住友VISAプライムゴールドカードについて、はじめに触れておかなければならないのは、三井住友VISAプライムゴールドが20代限定のヤングゴールドだからといって、基本となるゴールドカードのスペックでカットされている部分を見つけ出すのが困難なほど、ゴールドカードの基本仕様を完璧に引き継いるのがこのカードであるという点です。

 

まず唯一の違いと言っても良いのが年会費でしょう。三井住友VISAプライムゴールドの年会費は初年度無料で2年目以降は5,250円です。とは言っても三井住友VISAカードは幾つか要件を付け足すことで年会費が下がります。結論から言えば、最安値で1,575円まで年会費は下がります。最もおすすめなのは、利用明細の確認をウェブ明細のみに切り替え、マイ・ペイすリボに登録するパターンです。前年度の利用金額によって年会費は20%オフ〜半額になるのですが、これはカードが使い慣れてからで良いでしょう。

 

申込み基準は満20歳以上30歳未満で、本人に安定継続収入のある方となり、審査をクリアするのはやや難し目ですが、勤務先が安定しているところにお勤めであれば、カード取得は十分見込めます。良好にカードを利用していけば、30歳以降の切り替えで、三井住友VISAゴールドカードへランクアップできますので、20代で三井住友VISAプライムゴールドを取得しておくと後がラクです。

 

三井住友VISAプライムゴールド会員も年間50万円以上のカード利用を目指してみよう

利用可能額も最大で200万円まで拡大しますが、初回に適用されるのは50万円というところです。

 

追加カード関連もゴールドと全く同じで、家族カードは2人目から1,050円で利用でき、ETCやiD、WAON、PiTaPaはすべて無料で発行できます。

 

前年度の利用金額に応じてステージが設定されるボーナスポイントの付与率も、同じゴールドラインナップということで共通です。ステージV1になると、ポイントは実質3倍になりますので、三井住友VISAプライムゴールドカード会員の方はまず年間50万円以上を目指してみると良いでしょう。

 

年会費 \5,250(初年度無料)
審査 満20歳以上30歳未満で、ご本人に安定継続収入のある方
基本ポイント 1,000円=1ポイント
ポイントプログラム 100ポイント=1000マイル
海外旅行保険 最高5,000万円
国内旅行保険 最高5,000万円
ショッピング保険 年間300万円
空港ラウンジ 無料利用可
ETCカード 年会費無料
詳細・申込 【公式サイト】三井住友VISAプライムゴールドカード

 

三井住友VISAプライムゴールドの基本仕様関連エントリー