三井住友VISAプライムゴールドカード

三井住友VISAプライムゴールドカードは会員を20代に限定したゴールドカードですが基本スペックは、三井住友VISAゴールドカードの内容をほぼそのまま踏襲しています。しかも三井住友VISAプライムゴールドカードは最大で年会費が1,575円まで下がりますので、2,000円を切る年会費で三井住友VISAの本格的なゴールドサービスを堪能できることになります。持てる方にとってはまさに夢のようなゴールドカードと言えるでしょう。

 

その分、同じヤングゴールドカードでもある三井住友VISAヤングゴールドカード20sより入会審査基準は高くなります。三井住友VISAヤングゴールドカード20sは完全にヤングゴールドのカテゴリですが、三井住友VISAプライムゴールドカードはゴールドカードのカテゴリに属します。三井住友VISAプライムゴールドカードはゴールドカードで提供されている空港ラウンジサービスがありますが、三井住友VISAヤングゴールドカード20sにはありません。ボーナスポイントの付与率もクラシックカードと同じカテゴリになります。この違いはやはり大きいと言わざるを得ません。
ただしどちらのカードも、30歳以降のカード更新で、三井住友VISAゴールドカードへのスムーズなランクアップが可能となります。三井住友VISAゴールドカードへのランクアップ入会がほぼ確実となるこの2枚のカードは、ゴールドカードを狙っている方にとって重要なカードであることは間違いありません。

 

カードのスペックを確認の上、ぜひ入会を検討してみてください。

 

年会費 \5,250(初年度無料)
審査 満20歳以上30歳未満で、ご本人に安定継続収入のある方
基本ポイント 1,000円=1ポイント
ポイントプログラム 100ポイント=1000マイル
海外旅行保険 最高5,000万円
国内旅行保険 最高5,000万円
ショッピング保険 年間300万円
空港ラウンジ 無料利用可
ETCカード 年会費無料
詳細・申込 【公式サイト】三井住友VISAプライムゴールドカード

 

三井住友VISAプライムゴールドカードエントリー一覧

三井住友VISAプライムゴールドの基本仕様
三井住友VISAプライムゴールドカードは、20代限定のヤングゴールドカードとしては最高峰に位置するカードといえるでしょう。まずはこのカードの基本スペックから確認していきたいと思います。ゴールドの基本スペックをすべて受け継ぐ三井住友VISAプライムゴールドまず三井住友VISAプライムゴールドカードについて、はじめに触れておかなければならないのは、三井住友VISAプライムゴールドが20代限定のヤングゴールドだからといって、基本となるゴールドカードのスペックでカットされている部分を見つけ出すのが困難な...
三井住友VISAプライムゴールドカードの付帯保険
三井住友VISAプライムゴールドカードの付帯保険は、上位カードの三井住友VISAゴールドカードと補償内容は全く同じで、一項目も違いはありません。補償内容へのコメントは三井住友VISAゴールドカードの個別ページと重複しますのでそちらを参考にしていただくとして、各補償額の数字だけでも確認いただくと、他社ヤングゴールドと比べても抜きん出た補償内容であることが一目瞭然かと思います。【海外旅行保険】・死亡・後遺障害 最高5,000万円(利用付帯) 最高3,000万円(自動付帯)・傷害・疾病治療補償 最高3...
他のヤングゴールドと比べてどう?
三井住友VISAカードには、三井住友VISAプライムゴールドカードの他に三井住友VISAヤングゴールドカード20sというヤングゴールドカードがあります。ヤングゴールドという意味では、三井住友VISAヤングゴールドカード20sが三井住友VISAラインナップのなかで正しくその名の通りヤングゴールドと言えるカードであり、三井住友VISAプライムゴールドは、三井住友VISAゴールドカードの20代限定バージョンと考えたほうが良いでしょう。空港ラウンジサービスを利用したいなら三井住友VISAプライムゴールド...