他社ゴールドと比較

ここでは他社ゴールドカードと比較して、三井住友VISAのゴールドカードがどうなのかということを整理しておきます。

 

多くの人が見落としてしまう治療補償

海外旅行保険で重視したいのは傷害・疾病治療補償ではないかと考えられます。というのは海外での医療費は、健康保険制度の違いから、一般的に高額になるからです。事故で死亡したり後遺症を負う確率よりも、不慮の事故やケガを負ったり、体調を崩して診療を受ける確率のほうが圧倒的に高いですから、治療補償をしっかり確保できていれば、死亡・後遺障害の補償は最高3,000万円程度でも十分ではないでしょうか。もちろんゴールドカードで死亡・後遺障害が3,000万円ということはあり得ませんが、ゴールドカードを比較するのであれば、海外旅行保険の治療補償をチェックしておきましょう。

 

三井住友VISAゴールドカード治療補償は最高300万円ですが、これと同じ補償額をセットしているゴールドカードは、JCBゴールド、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードといったところで、意外に少ないです。ダイナースクラブカードは200万円ですし、シティ ゴールドも200万円どまりです。

 

付帯保険の治療補償は他のカードと合算できますが、これ一枚で賄いというなら、治療補償が300万円のゴールドを選んでおくことをおすすめします。

 

年会費で比較する

ゴールドカードの新しい流れとして、年会費が3,000前後で収まる格安ゴールドというものがあります。いっぽうで従来型の年会費10,000円以上の本格的なゴールドも相変わらず高い人気を誇っています。高い年会費を負担してもそれに見合った価値あるサービスが提供されるゴールドカードであれば、ゴールドカードユーザーは年会費の負担を厭わないものです。

 

ただ、年会費はユーザーにとってコストでしかありませんので、あまりにコストのかかるクレジットカードは、たとえポイント還元率が高くても、年会費などの維持コストで帳消しになっていると考えることができます。

 

三井住友VISAゴールドカードは年会費が10,500円ですから、ゴールドカードの年会費としては(格安ゴールドを除く)標準的なものだといえるでしょう。ただし他社ゴールドと比較すると違ってくるのが、所定のサービスを利用したり、年間の利用金額が一定以上になると、年会費がグーンと下がるという点です。

 

本格派ゴールドでも、初年度年会費が無料になるところはかなりありますが、2年目以降の年会費が割引になるゴールドカードはなかなか見つかりません。三井住友VISAゴールドの場合はウェブ明細に切り替えて、自由払い型のマイ・ペイすリボに登録すると、年会費は4,200円まで下がります。三井住友VISAゴールドカードと同等のスペックを持つゴールドカードで年会費が4,200円で済むというカードはおそらく見つからないはずです。例外的に同じ三井住友VISAでプライムゴールドが、やはり最大で1,050円という年会費で、ゴールドサービスを利用できますが他社には同じような例を見つけることが出来ません。

 

年会費負担が少なくて済むゴールドカードを格安ゴールド以外から探しているのでしたら、三井住友VISAゴールドカード、もしくは三井住友VISAプライムゴールドカード(20代限定)に注目してみると良いでしょう。

 

他社ゴールドと比較関連エントリー