カードグレードによって限度額は違う

クレジットカードを選ぶ際に意外に気になるのが利用限度額ではないでしょうか。むかしのクレジットカードは、このカードの利用可能額はいくらであるかがパンフレットなどに表示されていたものですが、最近では「個別に設定」というものが多くなり、果たして自分にはいくらぐらいの利用可能額がつくのか、実際にカードが発行されるまで分からないということがほとんどです。

 

一般カードの利用限度額

それでもクレジットカードの限度額には一定の目安というものがあります。たとえば一般カードと言われるクレジットカードであれば、初回限度額は20万円〜30万円というのが相場です。ただし自営業や個人事業主として仕事をしている方だと、初回限度額が10万円という場合もあります。もちろん営業年数が長く、ある程度の事業規模で展開している方だと、一般カードでも50万円ぐらいの限度額設定でカードが発行される場合もありますし、そうした方なかには、すでにゴールドカードが発行されるレベルの方もいることでしょう。

 

まあ例外的なものは置いておくとして、一般的にサラリーマンとして働きだしたばかりの方なら、20万円〜30万円といったところがはじめてのクレジットカードの利用限度額と考えれば良いと思います。

 

なお一般カードは最大で100万円まで限度額が広がりますので、利用実績などでカード会社からお墨付きを得られれば、限度額100万円のレベルに到達することはそれほど難しいことではありません。

 

ゴールドカードの利用限度額

ではカードのグレードが上がってゴールドカードとなると利用限度額はいくらぐらいに設定されると考えれば良いでしょうか。ゴールドカードは一般的に50万円〜200万円というのが利用限度額となっています。それとゴールドカード会員は一般カード会員以上に属性の幅が広いという面がありますので、利用限度額はまさに個別に設定されるものと考えたほうが良いでしょう。
一般的にはいちばん少ない初回限度額は50万円で、多い方だと100万円。これがゴールドカードの初回利用限度額と考えておけば間違いないでしょう。

 

カードグレードによって限度額は違う関連エントリー