三井住友VISAエグゼクティブカード

三井住友VISAエグゼクティブカードは三井住友VISAカードのラインナップのなかではゴールドカードとクラシックカードの中間に位置するカードですが、分類としてはクラシックカードの仲間であり、そのなかでゴールドカードに最も近いVISAカードです。

 

この項では三井住友VISAエグゼクティブカードの特徴やメリットをまとめてみました。このカードの最大の特徴として、カードとしてはゴールドに近い内容を持ちながらも、三井住友VISAカードの年会費割引によって、かなりのローコストカードとして使うことができる点が挙げられます。手頃な年会費で、一般カードより少し高いスペックを持ったカードを探している方は、三井住友VISAエグゼクティブカードを検討候補に加えてみると良いでしょう。

 

また三井住友VISAエグゼクティブカードは下位カードのクラシックラインと比べると、カード付帯保険が一気に充実したものになります。一般カードとしてはおそらく最高となる、最大で4,000万円の高額補償までこのカードには備わっています。しかも年会費は調整次第でゴールドカードの10分の1にまで抑えることができます。

 

三井住友VISAゴールドカードは多くのカードユーザーにとって憧れの存在ですが、審査が厳しいことでも良く知られています。そんなことから、あえてゴールドを選択しないで三井住友VISAエグゼクティブカードを徹底的に使いこなしてみるというのも有効な方法と言えるのではないでしょうか。三井住友VISAゴールドカードの実力を今一度確認いただけたらと思います。

 

年会費 3,150円(初年度半額)
審査 満20歳以上の安定した収入のある方
基本ポイント 1,000円=1ポイント
ポイントプログラム 100ポイント=1000マイル
海外旅行保険 最高3,000万円
国内旅行保険 最高3,000万円
ショッピング保険 年間200万円
空港ラウンジ 利用不可
ETCカード 年会費無料
詳細・申込 【公式サイト】三井住友VISAエグゼクティブカード

 

三井住友VISAエグゼクティブカードエントリー一覧

三井住友VISAエグゼクティブカードの基本仕様
三井住友VISAエグゼクティブカードは三井住友VISAクラシックラインとゴールドラインの中間に位置するカードで、クラシックラインの最上位カードとなります。一部ゴールドで提供されているサービスも利用できる三井住友VISAエグゼクティブカードの基本仕様を確認してみましょう。コストパフォーマンスの高い三井住友VISAエグゼクティブカード三井住友VISAエグゼクティブカードの入会基準は、満20歳以上の安定した収入がある方で、下位のクラシックカードと違い学生は入会申込み出来ません。しかし年会費は3,150...
カード付帯保険について
それでは三井住友VISAエグゼクティブカードの付帯保険を確認していきましょう。三井住友VISAエグゼクティブカードの海外旅行保険には家族特約がついているまず海外旅行保険から見ていきます。傷害死亡・後遺傷害は最高で3000万円まで補償されるようになりました(利用付帯)。それ以外では傷害・疾病治療費用が最高100万円、賠償責任は最高4000万円、救援者費用が最高150万円、携行品損害が最高25万円です。三井住友VISAエグゼクティブカードはゴールドカードではありませんので、これで十分な内容と言えるで...
三井住友VISAエグゼクティブカードの年会費割引
三井住友VISAエグゼクティブカードの特徴のひとつとして、このクラスのカードスペックから考えると信じられないぐらい年会費が安くなるということがあります。三井住友VISAエグゼクティブカードの年会費を半額にするちなみに三井住友VISAエグゼクティブカードの初年度年会費は、オンライン入会で1,575円になり、通常ではウェブ明細に切り替えることで525円オフとなります。またマイ・ペイすリボに登録した上で、年に一回でもカード利用があれば年会費は半額(1,575円)となり、前年度に100万円〜300万円の...
ドクターコール24と海外緊急医療サポート
三井住友VISAエグゼクティブカードにはゴールドカードでも提供されている「ドクターコール24」という医療サービスがあります。ここでは三井住友VISAエグゼクティブカードに備わっている医療サポートサービスについてみていきたいと思います。ドクターコール24三井住友VISAエグゼクティブカードの「ドクターコール24」とは、三井住友VISAのゴールド会員、プラチナ会員に提供されているサービスで、クラシックラインでは唯一三井住友VISAエグゼクティブカードだけに提供されている医療サービスです。「ドクターコ...