三井住友VISA一体型ETCゴールドカード

三井住友VISA一体型ETCゴールドカードは世界で信頼されるゴールドカード、三井住友VISAゴールドカードのETC一体型バージョンです。三井住友VISA一体型ETCゴールドカードは、ベースとなっているゴールドカードのサービスにETC機能が搭載されているだけでなく、ETCマイレージサービスに登録することで、独自ポイントが別途貯まり、これを無料通行分として使うことができるのです。

 

同じゴールドカードでもこうした選択肢があるということは、クルマを良く運転する方、有料道路を利用する機会が多い方には嬉しいことではないでしょうか。

 

ノーマルの三井住友VISAゴールドカードでは分離型のETCカードが発行でき、これをクルマに挿し込んで有料道路を利用すると親カードにあたるゴールドカードで決済されます。一体型になるとゴールドカードをそのままクルマに挿し込んで利用しますので、管理するカードの数が少なくなって良いのですが、挿しっぱなしにならないように注意しておく必要があります。
縁起でもありませんが、車上荒らしなども起こらないとは限らないわけですから、クルマを離れる際はカードを抜き取って手元で管理するようにしてください。

 

ゴールドカードを検討する際に、ETC一体型か標準型かで迷う方もいるでしょうが、有料道路を利用する機会が多い方にとってはかなりメリットのあるカードであることは間違いありません。こうした選択肢が有ることを知らなかった方はあらためて検討してみてはいかがでしょうか。

 

年会費 \10,500(初年度半額)
審査 原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
基本ポイント 1,000円=1ポイント
ポイントプログラム 100ポイント=1000マイル
海外旅行保険 最高5,000万円
国内旅行保険 最高5,000万円
ショッピング保険 年間300万円
空港ラウンジ 無料利用可
ETCカード 年会費無料
詳細・申込 【公式サイト】三井住友VISA一体型ETCゴールドカード

 

三井住友VISA一体型ETCゴールドカードエントリー一覧

三井住友VISA一体型ETCゴールドカードの基本仕様
三井住友VISA一体型ETCゴールドカードは、三井住友VISAの人気の高いプレミアムカード「ゴールドカード」のETC一体型バージョンです。カードスペックをまず確認してみましょう。三井住友VISA一体型ETCゴールドカードは年会費10,500円から4,200円になる三井住友VISA一体型ETCゴールドカードは年会費10,500円ですが、オンライン入会で初年度は半額となります。また三井住友VISA一体型ETCゴールドカードは三井住友VISAカードの年会費割引によって、最大で年会費4,200円にまで引...
ノーマルなゴールドとどちらを選ぶ?
三井住友VISA一体型ETCゴールドカードは三井住友VISAゴールドカードとカードの基本スペックは同じです。最終的にはユーザーの好みになるでしょうが、ノーマルなゴールドとETC一体型ゴールドとではどちらを選べば良いでしょうか。三井住友VISAゴールドカードはETCオリジナルポイントを貯めていける三井住友VISA一体型ETCゴールドカードはゴールドカードのETC一体型バージョンなのですが、三井住友VISA一体型ETCゴールドカードはETCマイレージサービスに登録すると、ワールドプレゼントのポイント...