三井住友VISA一体型ETCクラシックカードの基本仕様

三井住友VISA一体型ETCクラシックカードはVISAカードにETC機能が搭載された、ETC一体型クラシックカードです。

 

VISAクラシックカードの基本仕様が受け継がれている

三井住友VISA一体型ETCクラシックカードは年会費1,321円、初年度は無料です。またマイ・ペイすリボに登録して一度でもカード利用があれば年会費は無料となります。利用可能額は最大で80万円、キャッシングは最大で100万円まで広がりますが、一般カードですから初回利用枠は10万円〜30万円ぐらいというところからスタートとなるでしょう。

 

家族カードは年会費420円で利用できますが、1人目まで年会費は無料です。また三井住友VISAカード共通の3種の電子マネー(iD、WAON、PiTaPa)はどれも無料で利用できます。クレジットカードとしての基本仕様は三井住友VISAクラシックカードと同じ内容が引き継がれています。

 

ETC独自のポイントが貯まる

三井住友VISA一体型ETCクラシックカードはその特徴として、ETCマイレージサービスに登録するとETCの利用金額に応じてワールドプレゼントとは別に独自ポイントが付与されます。そしてこのETCで貯めたポイントは、無料走行分として利用できます。またETCマイレージサービスの時間帯割引サービスが豊富ですから、それらも合わせて利用出来ることになります。
いずれにしてもETC独自ポイントがショッピングポイントとは別に貯めていけるのが、三井住友VISA一体型ETCクラシックカードの最大のウリですから、有料道路をよく利用する方にとってはノーマルなクラッシクカードより使えるカードになることは間違いないでしょう。

 

年会費 \10,500(初年度半額)
審査 原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
基本ポイント 1,000円=1ポイント
ポイントプログラム 100ポイント=1000マイル
海外旅行保険 最高5,000万円
国内旅行保険 最高5,000万円
ショッピング保険 年間300万円
空港ラウンジ 無料利用可
ETCカード 年会費無料
詳細・申込 【公式サイト】三井住友VISA一体型ETCゴールドカード

 

三井住友VISA一体型ETCクラシックカードの基本仕様関連エントリー