ロードサービスについて

三井住友VISAクラシックカードAでは、年会費2,205円で手厚いロードサービスを受けることができます。

 

ロードサービスはクラシックカードA以外の上位カードでも有料

三井住友VISAカードのロードサービスは、三井住友VISAクラシックカードAのようなクラシック系のVISAカードだけでなくゴールドカードでも同額の2,205円の年会費がかかります(唯一プラチナカードのみ年会費787円)。

 

ロードサービスを利用できる方・クルマは、ロードサービスに申込んだ会員自身が運転するクルマ(二輪車・四輪車)で、車両総重量は3トン以下の自家用普通乗用車・小型乗用車・軽四輪乗用車・普通貨物車(最大積載量0.5トン超2トン以下)・普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)・小型貨物車・軽四輪貨物車・キャンピング車(普通車ベース)・自動二輪・原付が対象となります。

 

対象範囲は日本国内の一般道路、高速道路、自動車専用道路などで、離島・山間部などではサービスが提供できない地域もあります。

 

修理工場入庫後のアフターサービスまでフォローされている

三井住友VISAカードのロードサービスは、緊急サポートサービスとアフターフォローサービスの2つのサービスから構成されています。
緊急サポートサービスは、バッテリージャンピング、レッカー移動サービス、キー閉じ込み、スペアタイヤ交換、ガス欠、応急処置、メッセージサービスから成っています。

 

アフターフォローサービスとは、自宅から直線距離100km離れた場所での事故または故障で自力走行不能となり、本ロードサービスのレッカーサービスによって修理工場に入庫になった場合に提供されるサービスの総称で、レンタカーサービス、緊急宿泊費用サポート、帰宅費用サービス、車両搬送サービス、送迎サービスから構成されています。

 

カード付帯のロードサービスの多くは緊急サポートサービスどまりというものがほとんどですが、三井住友VISAカードのロードサービスは年会費がかかる分、アフターフォローサービスもしっかり網羅されています。

 

加入している自動車保険のロードサービスが充実した内容なら、付帯のロードサービスは不要かも知れませんが、内容が基礎的なもので終わっているなら、このロードサービスを検討してみても良いのではないでしょうか。

 

年会費 1,575円(初年度無料)
審査 18歳以上で、電話連絡が可能な方
基本ポイント 1,000円=1ポイント
ポイントプログラム 100ポイント=300マイル
海外旅行保険 最高2,000万円
国内旅行保険 最高2,000万円
ショッピング保険 年間100万円
空港ラウンジ 利用不可
ETCカード 年会費無料
詳細・申込 【公式サイト】三井住友VISAクラシックカードA

 

ロードサービスについて関連エントリー