マイ・ペイすリボとは

三井住友VISAカードをお使いになる際に押さえておかなければならないものに、「マイ・ペイすリボ」という三井住友VISAカード独自のリボ払いシステムがあります。

 

マイ・ペイすリボとは

 

マイ・ペイすリボとは、最低支払い金額以上であれば、利用者の都合に合わせて一部でも全額でも自由に支払金額を決めることができる一種のリボ払いです。
なお三井住友VISAクラシックカードでは、最低支払金額は5,000円となっており、5,000円以上であれば支払金額を自由にコントロールできるということです。
※三井住友VISAプラチナカード、ゴールドカード、プライムゴールドカードは最低支払い金額が1万円となります。

 

三井住友VISAクラシックカードで、マイ・ペイすリボを利用する場合、特に指定しなければ5,000円が最低支払金額になりますが、ここで一例として最低支払い金額を10,000円に設定したとしましょう。
たとえば、当月の利用金額が40,000円だとしたたら、4つの支払い方法があるということです。

 

@10,000円+手数料
A10,000円+追加分+手数料
B10,000円−減額分+手数料
C40,000円(手数料なし)

 

Aは「今月は余裕があるので1万円追加して払っておきたい」という場合で、Bは「今月はちょっときびしいので5,000円にしておく」という場合です。
またCだと「今月は余裕があるので...」という方の支払パターンですが、ほかにも、「マイ・ペイすリボに登録しているけれど、基本は一括払い」という方の支払方法でもあるのです。

 

マイ・ペイすリボに登録するメリット

「マイ・ペイすリボに登録しているけれど、基本は一括払い」という方がいるというのは、実はマイ・ペイすリボに登録して一回でもカード利用があるとカード利用が無料、または半額になるのです。クラシックカードの場合は1,321円の年会費が無料になるカードですから、リボ払い派でも一括払い派でもマイ・ペイすリボに登録しておいたほうがトクだというわけですね。
また三井住友VISAクラシックカードの場合、マイ・ペイすリボに登録して@〜Bのような手数料の発生する請求月はポイントが2倍になります。これもマイ・ペイすリボを利用するメリットだと言えるでしょう。

 

またマイ・ペイすリボは、普通のリボ払いと違い、最初の支払日までは手数料がかかりません。もともとリボ払い派で、余裕のあるときに残高を内入れして返していきたいと言う方の場合は、マイ・ペイすリボに登録しておいたほうがおトクですね。

 

年会費 1,312円(初年度無料)
審査 18歳以上で、電話連絡が可能な方
基本ポイント 1,000円=1ポイント
ポイントプログラム 100ポイント=1000マイル
海外旅行保険 最高2,000万円
国内旅行保険 なし
ショッピング保険 年間100万円
空港ラウンジ 利用不可
ETCカード 年会費無料
詳細・申込 【公式サイト】三井住友VISAクラシックカード

 

マイ・ペイすリボとは関連エントリー