カードローンのメリットと注意点

クレジットカードとカードローンを比較すると、私たちの消費生活においてはクレジットカードのほうが便利に使えるということが分かりますが、カードローンを利用するメリットは全くないのでしょうか。

 

カードローンは使い道が自由な融資商品

カードローンは資金を多目的に利用できる融資商品です。従ってクレジットカードのキャッシング以上の資金を調達することも可能です(もちろん審査によって融資可能金額は変わりますが)。まとまった資金を必要とするのであれば、キャッシング枠に期待してクレジットカードを申込むのではなく、カードローンを検討したほうが良いでしょう。

 

カードローンは金融機関やローン会社によって金利が違ってきますので、できるだけ低金利ローンを選択するように検討してみると良いでしょう。ただしカードローンで本当に低金利になるのは、利用額が100万円を越えるなどの大口融資であって、基本的に金利は高いです。ただし複数の借入を一種類のカードローンでまとめられる一本化ローンなどは有用なカードローンとして使えるでしょう。

 

カードローンの注意点

カードローンがあると助かるのは、いざと言うときにまとまった資金が用意できない場合などです。本来なら貯蓄で緊急資金を調達できるということが健全な状態なのですが、貯蓄がほとんどないという場合もあるわけで、そんな場合にカードローンがあれば安心できるでしょう。
ただし自由に引き出せるカードローンは、目的に合った使い方をしないまま、安易に消費してしまって返すだけのローンになってしまいやすい面もあります。これでは単純に借金を増やしているだけで、何のために審査を受けて借りたのか分からなくなってしまいます。

 

借入をまとめる為などの目的で借りたのであれば、かならずその目的のために有効に使うこと、安易に消費して、ただの借金の肥やしにしてしまわないよう、カードローンの扱いには十分注意してください。

 

カードローンのメリットと注意点関連エントリー