クレジットカードとカードローン

ここではクレジットカードとカードローンの違いをまとめてみました。はっきり言ってこの二つは全く別なものですが、混同している方もいることでしょう。クレジットカードにくらべてカードローンを使う方は限られてくると思いますが、利用する場合は目的にあった有効な使い方をしていただければと思います。

 

カードローンは利用枠の範囲で自由にお金を引き出すことができ、いざという時に便利ですが、ともすると安易に浪費して結果的に借金を増やしてしまうことになります。ひどい場合は返しては使うという繰り返しとなり、何のために苦労して借りたのか分からなくなってしまいます。これはカードローンに限ったことではなく、クレジットカードにおいても使い方を間違ってしまうと、返済に苦しむだけの道具となってしまいます。その意味ではこの二つは似ているところもあるわけです。
クレジットカードにしてもカードローンにしても、適切な使い方を身につけて、使いこなせる立場に立てるようであって欲しいものです。

 

なおカードローンは銀行系のカードローンとノンバンク系のカードローンがあります。銀行系のカードローンは総量規制の対象外ですが、ノンバンク系のカードローンは総量規制の対象となります。ただしどちらにしても返済余力の無い方には貸付は行なわれませんので、総量規制の対象外であるからといって借りやすいカードローンというわけではありませんので、この点は注意していただければと思います。

 

またカードローンはクレジットカードと違って審査に当たって収入を証明できる書類の提出を求められます。これはどんなカードローンでも同じですので覚えておいてください。

 

クレジットカードとカードローンエントリー一覧

クレジットカードとカードローンの違い
クレジットカードにはキャッシング機能があるので、カードローンとしばしば混同されることがありますが、基本的に全く別のものです。両者にはどのような違いがあるのかを整理しておきましょう。クレジットカードは後払いができるショッピングカードクレジットカードとカードローンのいちばんの違いは、その仕組みにあります。クレジットカードは商品の購入代金を、カード会社が利用者に肩代わりして支払い、後から利用者へ代金を請求しています。いっぽうカードローンはお金を融資するカードですから、商品やサービスの料金を決済する機能...
カードローンのメリットと注意点
クレジットカードとカードローンを比較すると、私たちの消費生活においてはクレジットカードのほうが便利に使えるということが分かりますが、カードローンを利用するメリットは全くないのでしょうか。カードローンは使い道が自由な融資商品カードローンは資金を多目的に利用できる融資商品です。従ってクレジットカードのキャッシング以上の資金を調達することも可能です(もちろん審査によって融資可能金額は変わりますが)。まとまった資金を必要とするのであれば、キャッシング枠に期待してクレジットカードを申込むのではなく、カード...